今すぐ偏頭痛と決別したい方へ告ぐ|まずは原因を知ろう

看護師

早めの受診が大切

楽しい

頭痛は、自己判断で市販薬を使用すると症状を悪化させる原因になることもあります。女性に多い偏頭痛では、適切な治療を行わないと日常生活に支障をきたすようになる可能性もありますので、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

痛みから解放されたい人へ

一度専門医に相談を

頭痛

偏頭痛には、痛みを引き起こす原因があります。その原因となるものは人によって違いがありますが、例えば、気圧の変化や湿度、炎天下での作業やまぶしい光など、健康な人にとっては何でもないようなことがトリガーになっている場合があります。また人混みの中にいると偏頭痛の発作が出る人もいます。ほかにも食べ物が原因で偏頭痛を引き起こす場合があります。チョコレートやワイン、チーズやコーヒーなどといった普段気軽に食べられる身近な食材が原因となる場合もあるのです。もしこれらの中で思い当たる節があれば、それが原因となっている場合があるかもしれません。もし誘発原因がわかったら、それをできるだけ避ける生活をおすすめします。まぶしい光はサングラスをかけたり、湿度の変化にはエアコンを利用したりするとよいでしょう。また偏頭痛でも、緊張型頭痛のように肩や首のこりが原因となって頭痛の発作が始まる人もいます。こういったことが原因となっている人は、日頃から軽い運動やストレッチを心がけましょう。特に肩周りをよく動かし、硬くならないようにすることが大事です。毎日続けるだけでも効果がありますので、ぜひ入浴後や就寝前など軽くストレッチをしてみましょう。

頭痛の原因を探ろう

頭痛にはいろいろな種類があります。頭がズキズキ、ガンガン痛くなる偏頭痛や肩こりやストレスなどが原因で、頭がぎゅっと締め付けられるような痛みがある緊張型頭痛、そして目の奥がえぐられるように痛くなる群発性頭痛などが一般的に慢性頭痛とよばれるものです。その中でも特に女性に多く見られるのが偏頭痛です。偏頭痛は、人によってその症状はさまざまですが、月に1回発作が出る程度の人もいれば、週に1,2回発作が出る人もいて、こめかみを押さえていれば痛みを我慢できる程度の人から、吐いたり寝込んだりして日常生活に支障をきたしてしまうほどひどい頭痛に悩まされている人もいます。最近は薬の開発が進み、偏頭痛に効果のある薬が病院で処方されるようになりました。この薬を飲めば苦しい頭痛から解放され、何事もなかったかのように日常生活を送ることができるので、偏頭痛もちの人にとってはお守りのような薬でもあります。ひどい頭痛に悩んでいる人は、神経内科を受診するか心療内科や頭痛外来を受診してみましょう。専門の医師がいますので、その人の頭痛にあった薬を処方してくれますし、ひどい頭痛の人には予防薬を処方してくれる場合もあるので、ぜひ一度受診してみてはいかがでしょうか。

血管拍動性頭痛の対処

疲れ

偏頭痛があった場合は暗いところで安静にすることが必要です。偏頭痛の予防として日常生活を見直すことも必要であり、睡眠不足や寝すぎを避け、チラミンを含んだ食べ物を過剰に摂取しないようにしましょう。偏頭痛に効果的なのはやはり内服薬であり、医療機関に受診して医師に処方を受ける必要があります。

効果的な対処法を実行する

楽しい

偏頭痛の場合には、痛みが発症する誘引分子がきっかけになる事があります。誘引するものを避けた生活を送る事も痛みを発生させないコツになります。 偏頭痛を引き起こすきっかけは、人それぞれに違いがありますが、症状が重いのであれば医療機関の受診が望ましいです。

専門医師に相談する事です

楽しい

偏頭痛は、突然起こったり予兆がある場合もある頭痛です。痛みが強く、吐き気や嘔吐を伴う事も少なくありません。しかし、数時間で治まると痛みは全く残らないのが特徴です。こういった症状でお悩みの方は、精神科や心療内科で適切な薬を処方してもらい、悪化しないようにする事が重要です。