今すぐ偏頭痛と決別したい方へ告ぐ|まずは原因を知ろう

看護師

専門医師に相談する事です

自己判断は禁物です

楽しい

偏頭痛は、多くの方が経験した事がある頭痛です。主な特徴は、ズキンズキンといった拍動性のある痛みです。頭の片側に現れる事が多いですが、人によっては両側にも現れます。この痛みは、数時間程度で嘘のように治まります。しかし、その痛みが出ている数時間はとても辛く、体を動かす事も難しくなる程痛む方も少なくありません。さらにこの偏頭痛では、頭の痛みに加えて、吐き気や嘔吐等を伴う事も良くあります。そのため、この偏頭痛が月に一度以上起こっている方は、何らかの原因があります。それを見つけるためにも精神科や心療内科の受診がお勧めです。偏頭痛の原因の多くは、ストレスや疲労、不規則な生活と言われています。しかし、自分の体の事を考えずにストレスを抱え込み、自然と体に大きな負担をかけてしまっているケースも少なくありません。そういった事が原因となっているのであれば、痛みが出た時だけで自己判断で痛み止めを服用せず、しっかりと医師に相談する事が大切です。いつもの事だからと思っていると、改善される見込みはありません。そのため、精神科等を受診し、適切な薬を処方してもらったり、ストレス等を軽減する事が出来るよう指示を仰ぐ事がとても重要です。

自分に合った薬が出ます

月に数回偏頭痛が起こるという方は、心に何らかのストレスを抱えている場合があります。他にも食生活の乱れ、嗜好の偏り、生活環境の変化等等も偏頭痛の原因として挙げられます。しかし、自分で生活環境を変えてみてもなかなか改善しないという方もいらっしゃいます。そういった方は、精神科や心療内科の受診がお勧めです。受診の際には、最近ではいつ偏頭痛が起こったか、他にもどういった症状が起こったか、どういった場面で起こりやすいか等詳しくメモしておき、医師に伝える事でより正確な診断をする材料となります。偏頭痛で精神科を受診する方の多くは、適切な薬を処方してもらう事を望んでいます。ドラッグストアで痛み止め等を購入しても、偏頭痛は数時間で治まるため、薬の効果が出ているのか、自分に合っているのか等といったことは分かりにくいものです。その点、精神科等で処方される薬については、精神的不安定からくる偏頭痛に対処出来る薬、疲れから出る偏頭痛の際に飲む薬と患者それぞれの精神状態も考慮して処方されます。そのため、向精神薬等も一緒に処方される事もあります。専門分野の医師に見てもらっている安心感から、偏頭痛の症状が軽減される事もあります。こういった点から偏頭痛の方は精神科や心療内科を受診される事が多いのです。